その他映画

February 08, 2006

映画「ハイド・アンド・シーク−暗闇のかくれんぼ」

 2005年4月23日に公開された映画。

 ラスト15分で、驚くべき謎が明かされる。
 この映画の結末は、決して誰にも言わないで下さい・・・というのが、この映画のセールスコピーだ。

02ハイド(あらすじ−goo映画より)
母の自殺以来、心を閉ざした9歳のエミリーは、心理学者の父デビッドとともにニューヨーク郊外へ引っ越した。
デビッドはエミリーに友達を作るように仕向けるが、エミリーは誰にも心を開くことはなく、見えない友達「チャーリー」とだけ遊ぶようになる。戸惑いながらも、エミリーの空想を静観することにしたデビッドだが、
やがてチャーリーの存在は、彼らの生活を脅かしていく。娘を救うため、デビッドはエミリーの心の闇を解明しようとするが…。


03ハイド エミリー役の若干10歳の女優、ダコタ・ファニングは、ちょっと信じられないぐらい見事な演技ぶりだった。
 母の自殺から始まって、空想の友達と遊ぶその狂気、感情の振幅の幅広さや、ラストへ向けての逡巡、悲哀。
 まさに天才子役である。
 デ・ニーロを見るのもなんだかずいぶん久しぶりな気がした。
 映画のたびに太ったり痩せたりする役者、その芝居の幅も非常に広く、昔から僕の尊敬する俳優の一人である。
 ひと頃に比べるとだいぶ毒が抜けたような気もするが、まあこういう設定、こういう役だから、ということなのだろう。
基本的には、その気になればどんな人物にでもなれる彼である。

 映画そのものの出来はどうかというと、正直に言って、それほどたいした映画ではないと思う。
 好みの問題もあるだろうけれど、この手の「意外な結末」にはもうみんなそれなりに慣れてしまっているし、それだけで1本の映画を作ろうとする試みは、そもそもの最初から負け試合にならざるを得ないのではないか、という気がする。
 ドラマとしては底が浅く、最後の意外性のためだけに、いろいろとつまらない手管を弄しなければならない。
 思わせぶりなだけの、ただのご都合主義じゃないか、と思われても仕方ない部分もある。
 
 それからDVDに特典として収録されている、いくつものエンディング・パターン。
 こういうことは非常によくないと僕は思う。
 それはドラマの作り手として、自分の作り上げたストーリーに責任を持たない、誇りを持たない行為であるとしか思えない。
 可能性の問題ではないのだ。
 作り手としても観る側としても、そこに描かれない無限の可能性を想像することはいくらでも出来る。
 でもだからといって「こういうのはどうですか」、「こんなのもありだよね」といろいろなパターンを実際に示してみせるというのは、もう映画でもドラマでもなんでもない。
 死んでもリセットボタンで生き返る、ゲームのようなものである。

 ほとんどの人たちがおそらく「ふーん」と思うだけであり、いくらそんな風にエンディングをいじってみても、本編で感動させられなければ、基本的になんの意味もない。

 そしてドラマというのはそもそもそういうものではないと僕は思う。
 人の生き死にと同じように、そしてこの限られた人生と、二度と取り返しのつかない選択の連続と同じように、自分とは別の場所で生きる、別の境遇や時代に生きる人物たちのやはり限られた可能性と取り返しのつかない選択の積み重なり、偶然、運命や宿命性、なぜその人物がやってきて、なぜそのような場所へと向かわなければならなかったのか、ということの不思議に出会い、僕らは共感したいと思う。
 少なくともそのために、僕は映画館や劇場に足を運ぶのである。

 どんなに恐ろしくても、どんなに意外な結末が待っていようとも、やはり基本的な部分で、しっかりと人間ドラマを描いて欲しい。そうでなければ、その映画を「もう一度見たい」とは誰も思わないだろうし、その場限りのお祭り騒ぎで終わってしまう。そういう映画は、やはり才能と労力とお金と時間の過剰な浪費であるように思う。心に深く残ることもない。

 デ・ニーロもダコタ・ファニングもとてもいい役者なだけに、「もったいない」というのが僕の率直な感想だった。

人気blogランキング。よろしかったら、クリックをお願いします。



January 29, 2006

映画「フライトプラン」

01フライトプラン 1月28日公開の映画「フライトプラン」を見に行った。
 全米公開3日前で2460万ドルの興行収入を記録、2週連続で第1位の座をキープした密室サスペンス。

02フライトプラン「彼女は航空機設計士。そして一人の母。
高度1万メートルの上空で、幼い娘が失踪した・・・」

【キャスト&スタッフ 】
監督: ロベルト・シュヴェンケ
脚本: ピーター・A・ダウリング ビリー・レイ
音楽: ジェームズ・ホーナー
出演: ジョディ・フォスター ショーン・ビーン ピーター・サースガード エリカ・クリステンセン ケイト・ビーハン マイケル・アービー アサフ・コーエン マーリーン・ローストン

03フライトプラン映画「フライトプラン」公式サイト
http://www.movies.co.jp/flight-p/

ジョディ・フォスター インタビュー(goo 映画)
http://movie.goo.ne.jp/special/flightplan/index.html

 それなりに楽しむことは出来たのだが、最新型ハイテク重層ジャンボジェットで起こる六歳の少女の誘拐事件、しかもその娘のことを、400数十名の乗客、及び乗務員たちがまったく見ていない、という設定にはかなり無理はある。
 その無理な設定が、ドラマの謎を実際以上に盛り上げている、と言えるだろう。

 このへんに目をつぶることが出来れば、全体的にサスペンスとしてはそれなりにまとまってはいる。途中のどんでん返しと結末も、ちょっと都合が良すぎるようには思うが。
 しかし落ちさえわかればあとはどうということもないので、そういう意味で全体的に、『シックス・センス』の時と同じような感触が残る。

04フライトプラン ただ僕としては、子供がいないことに気づいたジョディ・フォスターが、狂気じみた捜索を続けるシーンが、ちょっと長すぎたように感じた。
 確かに命がけで子供を守ろうとする母親としての気持ちはわかるが、あそこまでやると、事件とはまったく関係のない他のお客さんたちにあまりにも迷惑だし、気の毒である。彼女と一緒に乗り合わせた人たちは、たまったものではない。
 自分の子供も大事だが、400数十名の他の乗客のことも、もう少し思いやりをもって接して欲しい。

05フライトプラン とにかくジョディにあそこまでさせずに、もう少し早めに次の展開に行って欲しかったというのが僕の感想である。
 といっても、真相がわかってしまえさえすれば、後はそれほどやることもないので、ストーリー的に無理なことかも知れないが。

 いろいろと、評価の別れる映画だと思う。
 ジョディ・フォスターの熱演は、見事でした。

人気blogランキング。よろしかったら、クリックをお願いします。


セブンドリーム・ドットコム-ファイナル・ファンタジー



January 10, 2006

映画「ヴィレッジ」と「ミリオンダラー・ベイビー」

 昨日は成人の日、ということで会社が休みだった。
 午前中、「NOTE」を新車一ヶ月点検へ出し、午後は早めに家に帰って、ビデオを2本見る。
 「ヴィレッジ」と「ミリオンダラー・ベイビー」。

 「ヴィレッジ」は、あまりのひねりのなさにびっくりして、見終わったあと、「こんなのはドラマじゃない」とぶーぶー文句を言った。
 設定自体にひねりがないとまでは言わないが、ドラマとしては極めて平板である。

 僕が思うにこの「ヴィレッジ」は、”訳あり”の村、ということ以外、ほかに特別取り得がなく、それが分かってしまえさえすれば、後はただ、些末な出来事の羅列があるだけである。
 外堀から盛り上げる、という言い方は正しくないかも知れないけれど、思わせぶりな出来事の断片を振りまき、全体を強引に盛り上げることに忙しくて、ドラマそのものの本筋に関わる、主要人物たちの精神的盛り上がりに欠ける。

 ”なんとなく”恐怖をあおること、そして「実は昔この村にはこんなことがあったんです」という、ただその2点だけが、この映画の狙いのようである。
 「もう一度見たい」、と言う人は、おそらくあまりいないのではないだろうか。

 しかしどういう事情があるにせよ、あんな目の見えない、若くてかわいい女の子を、たった一人で深い森の先の町まで行かせるという村の権威者(娘の実の父親を含む)たちの判断は、どう考えても道徳に反していると僕は思う。
 道徳に反する、というより、人間としてどこかネジが完全にずれている、あるいは正常な感覚、人として当たり前の情が欠如している、としか言いようがない。
 ラスト、みんなで感動して泣いている場合ではないと思う。

 どのような辛い過去があったにせよ、隔絶された空間で、自分たちが傷つかないための自分たちだけの楽園を作って生きるということ自体が、誤解と被害妄想と偏見に偏った、誤った世界観のあらわれであり、ある部分で気持ちはわからなくないものの、それはやはり非現実的、虚構的であり、気違いじみている。
 確かにかつて心に深い傷を負った人たちなのだろうけれど、こういう風に「私は傷つきました」と居直られ意固地になられてしまうと、なんとも言いようがない。
 彼らは”純粋さ”を守ろうとするが、”純粋さ”の意味を明らかにはき違えている。

 それを若い人々にまで押しつけ、嘘の世界の姿を教え、背負わせたままドラマが終わるというのは、なんとも身のふたぐ思いがする。
 ラストで、この先の彼らにわずかな光明らしきものが感じ取れなくもないではないが、二時間近くある1本の映画の結末としてはあまりにも弱い。

 とにかく僕としては、たまの休日の二時間を割いてわざわざ見るような映画ではなかった。
 悪いけど。

 「ミリオンダラー・ベイビー」は、前からかなり期待していた作品である。内容は詳しくは知らなかったが、実際見てみると、想像もしなかったほど重く、暗い話で、なんといっていいやら、しばらく言葉もなかった。
 うーん、いいんだか、悪いんだか。

 ちょっと一言では言い切れない複雑な後味を残した。
 作品自体重すぎて重すぎて、今日詳しく書く気力はないが、あのようなテーマを、あのように描く必要、観客に投げかける必要が、いったい本当にあるのだろうか、という点で、後になって、ちょっと首を傾げてしまった。
 確かにそういことも世の中にはあるんだろうけど、そこから観客は何を受け取ればいいんだろう?と。
 まだ自分としても結論は出ていない。
 
人気blogランキング。よろしかったら、クリックをお願いします。



May 06, 2005

チョン・ジヒョン「僕の彼女を紹介します」

 「これは泣ける」という噂を聞いて、期待してDVDを借りてみた。
 聞くところによると、なんでもとても感動的な話らしい。
 しかし実際に観てみた僕の評価・・・・★★☆☆☆☆☆☆☆☆
 10段階のうちの、少しおまけしても2というところ。
 別の意味で泣けました。
 
 この映画の欠点を僕なりに簡単にまとめると、
 1.テーマなんてほとんどあってないようなもので、
 2.それぞれのエピソードすべてに、これといった深い意味やプロット上必要不可欠な連関がなく、
 3.まとまりがなく散漫で、
 4.構成が甘く、
 5.練りが足りず、
 6.いったい観客をどうしたいのか、よくわからない。
 
 というようなことになるのだが、このへんは、今流行の韓国ドラマの多くに、ある程度共通するものがあるような気がする。
まあ「冬ソナ」や「天国の階段」は、あれはあれでわりと面白かったりするから、いいんだけど。
 
 とにかくこれでもかというぐらい、やたらに突拍子もない事件ばかりをダンゴみたいに串にさしてつないでいくので、そのうちこれが悲劇なのか喜劇なのか、あるいは何か別の狙いのある冗談みたいなものなのか、コメディなのか、よくわからなくなる。
 思いついたエピソードは、とにかくなんでも放り込んじゃえ・・・という、親しい友人同士でやる鍋料理のノリみたいである。そりゃ本人たちは楽しいかも知れないけど、率直に言って、いくらなんでもこれはひどい・・・ドラマとして成立していないというよりは、ほとんど破綻していると言って良い。
 この内容で、もしチョン・ジヒョンがかわいくなかったら、ちょっとちゃぶ台をひっくり返したくなりそうである。
 
 もう一つ大きな特徴は、観ていて「そろそろ終わりかな」と思ってからが、とにかく長いという点である。このあたりが、韓国ドラマ特有のワザですね。
 もういいじゃないか、いい加減終わりにしたらどうですか、と思いながら観ていると、またとんでもない事件が起きて、物語はそこから二転三転していく。
 そのあたりまでいくと、もうイライラを通り越して、思わず笑ってしまう。
 感動して涙するどころではないです。
 しかしそれにしても、なぜギョンジン(チョン・ジヒョン)がミョンウ(チャン・ヒョク)を好きになったのか、そのへんが、何度考えても僕にはよくわからない。いったいどこがそんなに良かったんだろうね?
 
 
 僕が、韓国の映画を観ていいなと思う点は、いつも女の子がとてもきれいなことです。
 チェ・ジウの肌の白さと美しさはちょっと日本の女優にはいないんじゃないかと思うぐらいだし、今回のチョン・ジヒョンもとってもかわいいので、それだけは、まあ良かった。

 ところで話は変わるけれど、チェ・ジウの出ている「誰にでも秘密がある」。これはなかなか面白かった。難しいことなんか抜きで、とにかく単純に楽しめます。またそのうちこのブログで紹介したいと思いますが、なかなかおすすめですよ。




人気blogランキング。よろしかったら、クリックをお願いします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(チョン・ジヒョン関連)
僕の彼女を紹介します 特別版 〈初回限定生産〉 猟奇的な彼女 ディレクターズ・カット特別版
Happy Together ハッピー・トゥギャザー プレミアムDVD-BOX イルマーレ THE PERFECT COLLECTION
ホワイト・バレンタイン 4人の食卓
 その他・韓国映画
天国の階段 DVD-BOX 1
韓国で驚異の最高視聴率44.1%を記録し、「冬のソナタ」を遙かに凌ぐ人気を得た珠玉のラブストーリー。愛し合う2人を襲う、あまりにも過酷な運命…
韓国人気No.1スター、グォン・サンウと“涙の女王”チェ・ジウ共演の純愛大河ドラマ。DVD5枚組(本編ディスク4枚+特典ディスク1枚)。

【収録内容】
●本編ディスク4枚(第1話〜11話)
●プレミアム・ディスク(NGシーン集ほか予定)1枚
●ブックレット封入

誰にでも秘密がある スタンダード・バージョン
イ・ビョンホン、チェ・ジウの韓流2大トップスターが贈る、美しき3姉妹と1人の完璧な男のロマンティック・ラブストーリー。2枚組・トールケース / ピクチャーディスク仕様。
 韓国映画の本
韓国スターマガジン vol.1 特集 クォン・サンウ 毎日ムック 韓流旋風―韓国映画・テレビスターパーフェクトBOOK (Vol.3) Cosmic mook
 その他・韓国映画関連
 
 


April 15, 2005

映画「アビエイター」(以下、酷評です)

アビエイター01 嫁さんと、ディカプリオの「アビエイター」を観に行った。
 映画館に足を運ぶのは「オペラ座の怪人」以来、約二ヶ月ぶりだが・・・。
 
 映画情報はこちら

 しかしこれは、予想を見事に裏切らず、ひどい映画だった。
 最初から嫌な予感はしていたのだが。
 しかも三時間十分というのは、無駄に長すぎである。
 雑誌に「アカデミー賞は惜しくも逃したが・・・」なんて書いてあったけれど、僕としてはまったくそういうレベルの話ではないと思う。

 いろいろと、気に入らない点をあげていけばキリがないのだが、もっとも大きな欠点といえば、やはり脚本だろうか。
 全体的に、作品を強烈にひっぱっていくだけの一貫した力がなく、すべてが散漫である。
 ジョン・ローガンという人はあの「ラスト・サムライ」を書いた人だというから、むしろその編集力不足、刈り込み不足、監督の力不足、が大きいといったほうがいいのかも知れない。

 根本的な問題としてまず、この映画のコピー「すべての夢をつかんだ時、いったい何が見えるのだろう」だが、物語のテーマや内容にまったくふさわしくないのではないか、と僕は思う。
 そもそもディカプリオ演じるハワード・ヒューズを見て、「すべての夢をつかんだ」ようにはまるで見えない。
 我が儘放題、言いたい放題している姿と、テスト飛行するたびにトラブルを起こす飛行機しか印象に残らないので、とても「すべての夢をつかみ、頂点まで昇りつめた男」とは思えないし、羨望も湧かない。
 その先に何があるのか、という興味も湧かない。

 また実際のハワード・ヒューズの伝記的事実をかいつまんで読んでみる限りでは、そのようなコピーをつけるのはそもそもおかど違い、見当違いなのではないか、という気がしてくる。
 「大富豪」であったり、ある時期に「大きな成功」を手にしたりというのは、一つの外的側面にすぎないのであって、彼という一個人の特殊性、内面的苦悩、あるいは逆にその普遍性をきちんと掘り下げて描かなければ、何一つ観る者の深いところに響いてこない。

 冒頭、少年時代のハワードの体を母親が洗う場面で、母親が”quarantine”という言葉を呪文のように語り、それが後々のハワードを特徴づける”強迫神経症”への布石となる、という設定も、ドラマの伏線のはりかたとしてはあまりにもお粗末である。
 クライマックスである公聴会の議論も、ハワードのあの程度の言い分、反論でやりこめられてしまうとは、いかにも緊迫感、迫力に欠ける。あれでは相手の議員、またアレック・ボールドウィンが、あまりにも考えの足りない、闘うに値しない人物に見えてしまう。

 おおまかに言って、「伝記」的部分にとらわれすぎて何もかも描こうとしすぎ、すべてのエピソード、人物、感情的、心理的側面の掘り下げが浅く、中途半端である。
 「大きな成功」と、その影にある「強迫神経症」、そのあたりにクローズアップして、ハワードのより人間らしい葛藤や苦しみ、それに関わる人々の人間ドラマに焦点を絞ったほうが、よほどいいものが出来たのではないか。
 「共感できない」「感情移入できない」のは、この主人公が特異な境遇、才能を与えられていて普通の人々と違うからではなく、描きかたそのものの底が浅すぎるからである。
 僕個人的に言って、この作品からインスパイアされるものは何もない。

 しかし思うのだが、ブロードウェイでの公演の成功が、ニューヨークタイムズに載る劇評家のレビューに大きく左右されるというように、日本でもそういう正統的な、信頼できるきちんとした批評文化があってもいいのではないだろうか。
 今回の「アビエイター」を絶賛する人、超感動した、という人だってもちろんいていいわけだけれど、自分の趣味や生理、価値観や美学の問題として、どうしても合わない作品というのはやはりある。
 そういう時に、「この人の批評は信頼できるから」という人が自分なりにいれば、無駄足を運ばなくてすむし、限られた時間、おこづかいの中で、何を観ようかというのも、選別しやすくて助かる。
 「ロードショー」とか「スクリーン」なんか買ってみても、きれいなグラビアを眺めて楽しむだけで、あまり参考にはならない。
 褒めてるばかりで悪いことは何も言わないもんね。

 そういう意味では、いろんな人のブログを読んでるほうが、よほど参考になる。

人気ブログランキングに参加しています。もしよろしかったら、こちらをクリックしてください。



February 21, 2005

「ハウルの動く城」

 昨日、遅ればせながら「ハウルの動く城」を嫁さんと見に行ってきた。
 感想は・・・・うーん、どうなんだろう。
 単純に「ああ面白かった」とも言えないし、だからといって駄作だったというわけでもない。
 なんだか本当になんと言っていいやら、自分の中でうまく整理がつかない感じである。
 いろんな人の感想を聞いてみたいものだ。
 「すごく良かった。面白かった」という人だってたくさんいるんだろうけれど、今回は「よくわからなかった」という人がけっこう多かったのではないかと思う。

 もちろん、「やっぱり宮崎駿はすごいなあ」と思える瞬間もたくさんあるし、「こういうの描かせたら本当にうまいよなあ」という場面や物語の展開、その独特の世界観、演出もたくさんある。
 でも見終わったあと、「で?」とつい言いたくなってしまう。
 
 「あそこはどうしてああなんだろう」とか、「あれはどういう意味だったんだろう」とか、そういうことは僕はそれほど気にならなかった。やっていることの意味はわかったし、多少つじつまの合わないところ、理解に苦しむようなところも、別にそれはフィクションなんだから、アニメなんだから、まあいいじゃないかと思う。そんなに突っ込んで考えない。
 どれほど矛盾があろうがなかろうが、面白ければそれでよしとしてしまう。
 ただ、「これがこの映画のテーマだったのかな」「言いたいことだったのかな」というポイントはもちろんあるのだが、いかんせん、やはりちょっと消化不良気味だったんじゃないかという気がする。
 その消化不良のキーワードは、「戦争」だと思うんですけどね。
 
 「宮崎作品は奥が深いから」というファンの意見もありそうだし、まあわからなくはないけれど、「奥が深い」と感じさせつつ、「実は誰にでもとてもよくわかって」「なにはともあれ面白い」というのが本当によく出来たいいエンターテイメント作品だと僕は思うんだけど、どうなんでしょうね?
 そんなに苦労してその「奥の深さ」をわざわざ垣間見ようとしなくても、ほかに同じようなテーマを扱っているいい作品はもっと他にあるような気がしてしまうんですよね。
 僕個人的には、「ああ面白かった」とはやはり言えないし、ちょっと描こうとしている世界が壮大すぎて、うまく描ききれていなかったんじゃないかという気がします。
 
 僕も昔から宮崎駿のファンなんですが、今回は本当にいろいろと賛否両論ありそうな作品ですね。

 もし見た方は、ぜひ感想を聞かせて下さい。

人気blogランキング。よろしかったら、クリックをお願いします。


ヒデのホームページ「快適書斎スタイル」もよろしく。