おすすめGoods

April 15, 2006

インテルMacが欲しい

 僕が今一番欲しいもの、はAppleのMac Book Proである。

 MacがWindows OSに対応、というニュースが10日ほど前に流れて、がぜん欲しくなってしまった。

 「ダウンロード提供されるBoot Campを使って、IntelベースのMacにWindows XPをインストールできるようになります。インストールが完了すると、ユーザはコンピュータを再起動してMac OS XまたはWindows XPのいずれかを立ち上げることができるようになります」(Apple 公式HPより

 ちょっと俗物的興味ではあるけれど、ずっとWindowsしか使ったことのない僕にとって、マックはずっと、永遠の憧れ的な存在だった。
 マックを使っている人たちを見ていると、そしてそういう人たちのマックに対する愛着ぶりを見たり読んだりしていると、マックというのは、一つの生き方のスタイルであり、一つの信仰みたいなところがあるよな、と時々思う。
 端から見ていても、その気持ちはなんとなくわかるような気がする。
 個人的な深い愛着を誘引する、Windowsにはない”何か”が、確かにMacにはあるように思う。
 それはマックのこれまでの歴史であったり、スティーブ・ジョブズのカリスマ性であったり、あるいは実際にMacが持つ優れた面、操作性やシステムそのものや、そのおしゃれな画面やスタイルであったりするのだろう。
 そこには何か、Windowsにはない遊び心や親しみや、愛らしさすらあるような気がする。
 そんな風に感じるのは僕だけだろうか?

 ずいぶん前から憧れてはいたのだが、世の中Windowsだらけだし、僕自身も会社もそうだし、わざわざマック・ユーザーに転向する理由が今までほとんど見つけられなくてずっと手を出せなかった。10年ぐらい前から結構真剣にフォトショップを使うようになったが、それもWindowsで十分だった。
 しかし今回、MacでWindows OSとMac OSを選んで起動出来るようになったということで、にわかにマック・ユーザーに仲間入りする可能性が僕の中で浮上してきた。自分は一生マックを使うようなことはないだろう、と今までずっと考えていたのに。
 こうなると、がぜん欲しくてたまらない。

 でもせっかくMacを買ってもWindowsばかり起動していたら、わざわざMacを買う意味がない。
 そのぐらいなら、もっと安くて性能が良く、使い慣れている普通のWindowsパソコンを買った方がいいということになる。
 わざわざMacを買うなら、Macらしさを十分楽しみたい。

 そういうわけで、昨日本屋に寄ってMac関係の雑誌をいくつか立ち読みしてみた。
 しかしざっと読んでみた範囲だと、現状では、Intel CPUになっていいことばかり、ではなさそうである。そして今すぐインテルMacを買うべきかどうか、という点も、ちょっと微妙なところである。

 一番の根本的問題は、インテルmacは本当にいいのか?という点である。
 それから個人的に気になるのは、やはり初期の不具合の可能性である。

 結論から言えば、インテルCPUになることについては、メリットの方が大きいようだ。もちろん、誰も悪くしようと思ってするわけがないのだから、それはそのとおりなのだろう。
 これからは全モデルがこのインテルMacになっていくということである。

 ただ今すでにマックのヘビーなユーザーである人たちにとって、すぐに買い換えるべきかどうかという点は、少し微妙である。

 従来マックのパワーPCと、Intel CPUのマックでは、そもそも理解できる命令が異なる。
 それでも両方で同じソフトが動いているのは、Rosetta(ロゼッタ)というコード変換のシステムと、UB(ユニバーサルバイナリー)という、ひとつのソフトの中に2つの実行コードを搭載したもの、その2つの方法で互換性を保っているから、ということである。

 インテルMacの場合、UB対応のソフトはかなり早く動くようだが、しかしRosettaの場合、実行時にコード変換するためその分処理が遅くなる。そして多くのソフトが、まだこのUBには対応していない。
 「フォトショップ」も、やはりUBには未対応である。
 アドビ関係のその他のソフトも、年内いっぱいぐらいはUBに対応しないようだ。
 マイクロソフトの「Office」も、今年後半から来年前半にかけて、UBの対応バージョンを発売するらしい。

 ほかのものはともかく、アドビの製品がすぐには対応しない、という点が、ちょっと購入を迷わせる点である。

 それからもっとも重要なのは、今回Windows XPを利用可能にする「Boot Camp」は、期間限定の試用版としてライセンスされるプレビューソフトウェアであり、Boot Campの製品版は今後発表されるMac OS Xバージョン10.5 "Leopard"の一機能として提供される予定、ということである。

 マック初心者の僕としては、少なくともそれを待ってから買った方が、まず間違いはないだろうとは思う。
 そして、高価なプロ仕様の「Mac Book Pro」も魅力的だが、とりあえず入門機として、インテルiBookの登場が僕にとっては待ち遠しいところでもある。
 これは近々登場しそうな気配。

 うーむ。
 こんなことを延々と書いていたら、ますます早く欲しくなってしまった。
 iBookが登場しだい買ってしまうか、あるいは順当に、Leopard登場まで待つか。
 そしてLeopardが出たあかつきには、思い切って高価な「Mac Book Pro」の方を買ってしまうか・・・。
 悩むところだ。

 ところでLeopardって、いつ正式にリリースされるんだろう?
 早ければ今秋か、それとも今冬だろうか?

人気blogランキング。よろしかったら、クリックをお願いします。


ヒデのホームページ「快適書斎スタイル」もよろしく。 

MacBook Pro

February 15, 2006

キングジム「テプラPRO SR3500P」を買う。

 前から欲しいと思っていた、キングジムの「テプラPRO SR3500P」をネットで買った。
 USBでパソコンにつなぎ、画面上で文字をぱぱっと入力して印刷ボタンを押せばそれでOK。

 ものすごく便利だ。
 今まで自宅の書斎に無造作に散乱していたドキュメント類、保管しておく必要のある郵便物、毎月の請求書や領収書、切り抜いた記事のスクラップ、芝居の公演の記録、などなど、とりあえずなんでもタイトルをつけて、どんどんファイルに保存していくことが出来る。

 あふれかえった文書やノートやメモや記録が、そのようにきちんと分類され、整理されていくのは、気分のいいものだ。
 自分自身まで風通しのいい人間になったような気持ちになる。
 混乱の収拾。

 「テプラPRO SR3500P」、ヒデの超おすすめ品です。

人気blogランキング。よろしかったら、クリックをお願いします。


キングジム 「テプラ」PRO SR3500P

キングジム 「テプラ」PRO SR3500P icon

「テプラ」のPC接続専用モデル。新機能を満載して新登場!
使い慣れたPCで多彩な表現のラベルが簡単作成。


February 04, 2006

映画「プライドと偏見」サウンドトラックを買う

03「プライドと偏見」サントラ







 少し前にAmazonからギフト券約1,000円分が届いたので、さっそくそれを利用して、欲しかった「プライドと偏見」のサントラを買った。

 このサントラの1曲目が、映画の冒頭、愛読書を小脇に抱えたエリザベスがベネット家に帰宅する場面で流れてくる曲であり、この映画のメインテーマでもある。印象的な美しい曲で、映画の雰囲気や感動がはっきりと思い出される。

 サントラに付属の解説によれば、作曲にあたりジョー・ライト監督は、ダリオ・マリアネッリにベートーヴェンのいくつかのピアノ・ソナタを参考に与え、マリアネッリは18世紀末、ジェーン・オースティンとその家族がおそらく耳にしただろうと想像される音楽を書いた、ということだ。
 書き上げられた繊細で美しい曲は、撮影の間も映画に大きなインスピレーションを与えることになった、という。


01「プライドと偏見」サントラ 13曲目、「ダーシーの手紙(DARCY'S LETTER」ではそれまでの雰囲気と大きく変わり、ダーシーから突然の求婚を受けたエリザベスの、激しい混乱と心の揺れが描かれる。鼓動が高鳴り、一種のパニック状態がやってくる。
 エリザベスの断固とした拒絶、ダーシーとのぶつかり合い、その後パニックが収束していくにつれて、自分がとった態度の後味の悪さ、解決のつかない混乱、自己嫌悪、哀しみ、などエリザベスの複雑な胸中が表現される。
 すっきりとしない重い余韻が残る。

 14曲目「キャント・スロー・ダウン」ではまた雰囲気はガラリと変わり、イギリスの民俗音楽的なバイオリン中心の陽気で楽しい音楽。
 15曲目「冷たい手」では「ダーシーの手紙」を基調とした曲に戻るが、曲が進むに連れてエリザベスが自分自身の偏見の愚かさに気づき、ダーシーという人物を再発見していく過程が描かれる。


02「プライドと偏見」サントラ やがて16曲目「ミセス・ダーシー(MRS. DARCY)」で再び冒頭のメイン・テーマをベースとした曲。
 誤解がとけ二人の思いが通じ合い、互いに対する愛を確認しあう。穏やかで幸せな光が満ちて行く。
 17曲目ラスト「エンド・クレジット」。静な愛情に満ちた二人、平和、家族の幸福な未来が暗示される。

 サントラ全体的にはベートーヴェンのピアノ・ソナタを参考に作られたピアノ曲、劇中に登場する舞踏会の音楽から成り立っていて、映画の舞台である18世紀末のイギリスの美しい自然や田園風景の情景に包まれた、穏やかで情緒あるクラシックCDにまとまっている。

 僕としては、何かデスクワークをしている時にBGMとして流すにはうってつけのCD、という感じだ。
 曲自体とても美しいし、耳に心地よく、あまりでしゃばりすぎず、手元の仕事を邪魔しない。
 気分穏やかになれるし、目の前の仕事に集中できる。
 そして時々、はっと顔を上げ、曲の旋律に込められたものに耳を澄ます。
 いいサントラだと思う。

 さっそくiPodにも入れて、仕事の空き時間や移動時間にも堪能している。
 良かったら、是非聞いて見てください。
 おすすめです。

人気blogランキング。よろしかったら、クリックをお願いします。


映画『キング・コング』オリジナル・サウンドトラック

映画『プライドと偏見』オリジナル・サウンドトラック


音楽は「In The World」でベルリン映画祭金熊賞を受賞した実力派ダリオ・マリアネッリ。そしてピアノを担当しているのがフランスの貴公子ピアニスト、ジャン=イヴ・ティボーデ。
『ピアノ・レッスン』を髣髴とさせる美しいスコアが展開されます。

iPod black


音楽をポケットに入れて持ち運ぶことを可能にしたiPodが、ビデオにも対応しました。新しいiPodは最大 15,000 曲、最大 150 時間のビデオを収録できます。