May 26, 2006

映画「ミッションインポッシブル3《M:i:掘奸

M:i:3〈マガジンSCRAP NO.3〉
 
 5/5に、映画「ミッションインポッシブル3《M:i:掘奸廚全米で公開された。
 M:iシリーズは、僕の大好きな映画である。
 日本では、7/8公開。
 映画館で予告編を見るたびに、早く観たいなとワクワクしている。
 しかし前作兇呂い蹐い蹐斑,れ、今回の靴癲否定的な意見がわりと多いみたいだ。

 NEWSWEEK JAPAN 5/24号によれば、「M:i:掘廚僚桔興行収入ランキングは1位だったが、前作の兇鉾罎戮討癲100万ドルもダウンした、ということだ。
 記事によれば、観客のクルーズ離れは、彼が心酔する新興宗教サイエントロジーのせいであり、婚約者ケイティ・ホームズとの恋愛ではしゃぎ過ぎたためであり、もっと言えば、彼がすでに若者の心をつかめなくなったからだ、と断じている。
 「彼は43歳であり、もうクールな存在とは言えない」

 またある映画会社の重役は、「アメリカ人はトムを見限ったようだ。彼の神秘的な魅力は消えてしまった」と述べている。

−−−−−−−−

 「彼はアクション映画を卒業すべき」とか、「宗教的な宣伝をやめれば、何年かはスターでいられる」といった声もある。
 本国での彼の評判が本当のところどうなのかはわからないが、ちょっとあんまりじゃないか、という気がする。
 昔から僕は、彼の大ファンなのだ。

 しかし「3」を観た人の感想をネット上で読むと、やはり辛辣な意見が多い。
 にやけたクルーズ・スマイルと自虐ギャグだけが彼らしい、とか、今回の3はストーリーまでインポッシブルだとか、いっそのことシュワルツ・ネッガーをゲスト出演させたら面白くなったんじゃないかとか、言いたい放題である。

 どちらにしても、スターというのは辛いものだ。
 もともと彼が好きじゃないという人はともかくとして、それまで彼の映画を楽しんできた人も、彼の演技で感動させられてきた人も、あっという間にその反対の立場に回ってしまう。
 まあ別に彼に対して何か義理があるわけじゃなし、それはそれで何も悪いことではないのだが。

 僕としては、実際の映画がそれほどひどいものでなく、いつものように楽しませてくれることを祈るばかりだ。
 そしてどちらにしても、僕は断固としてトム・クルーズのファンである。
 7月8日が待ち遠しい。
 

人気blogランキング。よろしかったら、クリックをお願いします。


ヒデのホームページ「快適書斎スタイル」もよろしく。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔