March 31, 2006

ファイナルファンタジー12、10のこと

 そろそろ終盤。
 現在、リドルアナ大瀑布を越え、リドルアナ大灯台の上層部をうろうろしている。バルフレアのレベルは50。他のメンバーは46。
 しかし前回夢中になった”10”に比べると、今回の方がかなり長い。
 前は一週間で終わったのだが。

 なかなか面白いが、トータル的には10の方が上のように思う。
 10はストーリー的に盛り上げ方がうまく、戦うべき相手と自らが背負う宿命がはっきりとしていた。その背後には常に人の儚さと深い悲しみが漂い、それでもなお立ち向かおうとする「決意」の美しさがあった。
 プロローグからエンディングまで、世界観やストーリーの構成が実にうまく計算されていたし、状況的にも精神的にも、そこには追い込まれた者の、やむにやまれぬ葛藤と大義名分があった。

 仲間のキャラクターもそれぞれ魅力的だった。ユウナ、ティーダ、ワッカ、ルールー、アーロン、リュック、キマリ。
 それぞれのバックストーリーがしっかりと描かれ、明るい笑顔の裏にもその人物なりの苦労や抱えている人生そのものが感じられた。
 シーモアやユーナレスカなどの悪役にも、それなりに重い人生哲学があったりして、つい「むむ」とうならされたものである。終盤からエンディングにかけては、あまりに感動的で、言葉もなかった。

 戦闘中の演出も10の方が楽しかったし、今回は召還獣が活躍させずらいのがとても残念である。
 ユウナがヴァルファーレの頭をなでている姿なんか、なんど見ても心温まったものだ。

 なんだか久しぶりにもう一度10をやりたくなってきた。

 ところで、僕はガンビットの「たたかう」より前に、「ヘイスト」をつけている。
 つねにヘイスト状態というのは、結構強いです。


人気blogランキング。よろしかったら、クリックをお願いします。


ヒデのホームページ「快適書斎スタイル」もよろしく。

jailz at 10:16│Comments(0)TrackBack(0)日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔