February 24, 2006

舞台中継「12人の優しい日本人」を見る

 この間東京の友人が送ってくれたBSの録画「12人の優しい日本人」の舞台中継を、今日やっと見終わることが出来た。
 映画版と基本的には内容は同じだが、受け取る印象も感動もまるで違った。
 実際に舞台で見たら、もっとずっと感動したのだろうと思う。

 この舞台中継を見て、初めてこの「12人の優しい日本人」の核心、三谷幸喜氏のこの物語で描きたかったものをかいま見たような気がした。それは映画版ではあまり強くは印象に残らなかったものだった。

 今回感じたのは、これが「12人の怒れる男たち」のパロディという形をとりながら、しかしはっきりとした「怒れる」へのアンチテーゼとして、三谷氏らしいその表明があらわれているということである。
 たぶん三谷氏は、「12人の怒れる男たち」の主人公や物語が、その根本の部分ではあまり好きではないのだろう。僕にはそんな気がする。

 もともとの「怒れる」とこの「優しい日本人」では、最終的な主人公の立場がまったく正反対である。「怒れる」で単純に正義を貫き通すことの出来た主人公、そしてその正義感と孤高を、信じやすくだまされやすく流されやす一般的な人々に模範たらしめた彼だったが、今回はそう簡単にはいかない、といったところにこの作品の毒とひねりがあり、「怒れる」への本質的な批判があり、三谷氏独特の優しさとユーモアがあるように思う。

 新劇的ウェルメイド・プレイとしての単純な完成度からみれば、本家「12人」の方がまさっているように見える。話としてはよくまとまっているし、無駄がなく隙がない。しかしその感動の質はまったく逆であり、描こうとしていることの照準もまったく違う。
 ここで扱われているのは、正しさの追求ではなく、それがテーマでもなく、何が人にそれを「正しい」かと思わせる点である。

 一見喜劇的なやりとりの影に残る屈折は、少しだけ重い余韻と、不思議に心温まる感動を与えてくれた。
 
人気blogランキング。よろしかったら、クリックをお願いします。


 



jailz at 23:20│Comments(0)TrackBack(0)演劇 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔