December 27, 2005

映画『ダ・ヴィンチ・コード』 最新情報

『ダ・ヴィンチ・コード 愛蔵版』ですっかりダン・ブラウン氏にはまってしまった僕ですが、映画の最新情報を、以下にご紹介します。
(愛蔵版のレビューはこちら)

☆「ダ・ヴィンチ・コード」の60秒スペシャルCMが、元旦限定オンエアで以下の番組中に放映される模様です。

日本テレビ系列「行列のできる法律相談所」20:00〜20:30
TBS系列「スポーツNO.1決定戦」18:30〜23:24
フジテレビ系列「新春かくし芸大会」18:00〜21:24
テレビ東京系列「ビートたけしのエジプトミステリー検20:54〜23:20

☆映画は、2006年5月19日全米公開、5月20日日本公開です。

映画のキャスト及びスタッフは以下のとおり。
スタッフは、『ビューティフル・マインド』組が結集しています。

〈CAST〉
トム・ハンクス(ロバート・ラングドン)
オドレイ・トトゥ(ソフィー・ヌヴー)
イアン・マッケラン(リー・ティービング)
アルフレッド・モリーナ(アリンガローザ司教)
ジャン・レノ(ベズ・ファーシュ)

〈STAFF〉
監督:ロン・ハワード(『アポロ13』、『ビューティフル・マインド』)
脚本:アキヴァ・ゴールズマン(『ビューティフル・マインド』)
音楽:ジェームズ・ホーナー(『僕はラジオ』『タイタニック』)
原作:ダン・ブラウン(『ダ・ヴィンチ・コード』角川書店刊)

コロンビア映画提供
ソニーピクチャーズ エンタテイメント配給

人気blogランキング。よろしかったら、クリックをお願いします。


ダン・ブラウン氏の公式サイト

『ダ・ヴィンチ・コード』オフィシャルサイト


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■『ダ・ヴィンチ・コード』関連

ダ・ヴィンチ・コード ヴィジュアル愛蔵版

絵画とともに、謎を解く旅へ−

読んだ人にもこれから読む人にもうれしい、豪華愛蔵版!内容に登場する絵画や紋章、地図や写真など140点をふんだんに盛り込みました。小説の世界により深く接するための豪華カラー版。

4,725円(税込)

ダ・ヴィンチ・コードの謎(DVD)

サイモン・コックスによる世界的ベストセラー「ダ・ヴィンチ・コード」に記された“キリスト教の消された歴史”は真実なのか?レオナルド・ダ・ヴィンチの絵に隠されたさまざまな謎を、映像や解説で紐解くドキュメント。

3,500円(税込)

ダ・ヴィンチ・コードの謎を解く 世界的ベストセラーの知的冒険ガイド

『ダ・ヴィンチ・コード』で提示された謎を66のキーワードで読み解く。本書は、欧米の各書店で『ダ・ヴィンチ・コード』と併売され、ノンフィクション部門のベストセラーとなっている一冊。

1,470円(税込)


ダ・ヴィンチ・コードの「真実」―本格的解読書決定版

ダ・ヴィンチはなぜ暗号を使ったのか?マグダラのマリアは一体何者なのか?秘密結社は何を行ってきたのか?そして聖杯とは…?謎が謎を呼ぶ『ダ・ヴィンチ・コード』の世界。「真実」か「虚構」か?時代を超えた「最大級のミステリー」に挑む!!

1,680円(税込)

ダ・ヴィンチの暗号を解読する―図説ダ・ヴィンチ・コード



1,470円(税込)



トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ダビンチコード(ダ・ヴィンチ・コード)の映画公開が2006年5月19日全米公開  [ 話題のナレッジベース ]   December 27, 2005 11:05
「ダビンチコード」映画公開が2006年5月19日全米で公開予定、日本では5月22日から公開されます。「ダビンチコード」の主演はトム・ハンクス、監督にはシンデレラマンで評価の高い、ロン・ハワードです。    「ダ・ヴィンチ・コード」は2006年5月22日に全...
2. ダ・ヴィンチ・コードにはまりまくり  [ 叡智の禁書図書館 ]   December 27, 2005 22:09
【ネタばれ有り・未読者注意!】 友人からずっと薦められていたし、書店で平積みになっていたのも知っていたが、なんか周りに迎合して本の趣味まで決められそうなのがイヤで読まないまま時が過ぎていた。でも、それ以前に読んでいた角川の「クムラン」で死海写本にはまり、....
3. ダ・ヴィンチ・コード ヴィジュアル本で読んでみる。  [ 南の島から発信中??♪ ]   December 28, 2005 16:16
↑つもりです。近いうちに。 さて、ヴィジュアル本ってなに? って感じですが・・・ 以前出版された上下巻が1冊になり、イラストや写真などがタイミングよく物語の中に掲載され ダ・ヴィンチ・コード ヴィジュアル愛蔵版 として新たに出てるらしいんです。 そのことをTBし...
4. ダ・ヴィンチ・コード (下)  [ ぼんじん日記 ]   December 29, 2005 21:26
ダ・ヴィンチ・コード (下) ダン・ブラウン 角川書店 ¥1,890 上巻でも
5. ダ・ヴィンチ・コード遂にベールを脱ぐ  [ 幸せをくれるテディベア ]   January 08, 2006 23:37
2004年。この年は、ブームとなった韓流ドラマとダン・ブラウン(Dan Brown)著「ダヴィンチ・コード」に熱中した年でした。上下巻を一気に読み、熱はなかなか冷めず、関連本を何冊も読み??

この記事へのコメント

1. Posted by iceblue   December 27, 2005 15:28
TBありがとうございます。
スペシャルCM 、ぜひ拝見したいです。細かなスケジュールまで教えてくださって感謝です。

愛蔵版について私もブログで書きたいと思うのですが(と言っても大した内容ではないですが・・・^^:)そのときにヒデさんのブログ、リンクさせてもらってもかまいませんか?
2. Posted by ヒデ   December 27, 2005 20:38
iceblueさん、いらっしゃいませ。
スペシャルCM、楽しみですね。
”愛蔵版”投稿の折には、是非リンクしてください。その時には、また遊びにうかがいますね。
3. Posted by alice-room   December 27, 2005 23:24
TB有り難うございます。映画の予告編もなかなか凝っていて楽しいですね。早く映画も見たいです!
4. Posted by ヒデ   December 28, 2005 08:21
そうですね、映画楽しみですね。
小説の映画化という点で僕としてはいささか不安はあるものの、公開まで、わくわくしながら盛り上がりたいと思います。
5. Posted by Ageha   February 13, 2006 12:28
はじめまして。
Mr.&Mrs.SmithのTB
ありがとうございました。

「レジェンドオブゾロ」のドレス姿、
「ターミナル」のスッチーの制服姿から
ソフィーのイメージって勝手に
キャサリンセタジョーンズのつもりで
原作読んでたんですけどね〜。


キリストの生誕にまつわる話なんで
こういうストーリーって宗教上問題ないんですかね?
マトリックスでさえ、上映できない国が
いくつもあったと聞くんですが・・・。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔