December 2005

December 31, 2005

本当に仕事納め

 昨日、30日でやっと、年内にやるべきことはひととおり片付いた。
 2005年の業務終了。

 昼休みには車もきれいに洗った。夕方早く風呂に入り、ちょっと伸びすぎた足の爪も切った。夜は、1年ぶりに実家へ帰って、親と一緒に晩飯を食べた。

 とりあえず1月3日までは、心おきなく休日を楽しめる。
 さて、連休中のどこかで、たまには映画でも観に行こうかな。

 
人気blogランキング。よろしかったら、クリックをお願いします。
 現在、110〜140位ぐらいのところをウロウロしてます。

December 29, 2005

仕事納め・・・キツネ

 今日で一応、仕事収め。
といっても明日も仕事に行く予定だから、まだ一年を締めくくる気分ではない。
 なんだか体が異常に疲れている。腰が激しく痛い。

 ちょっとここのところ自分でも無理しすぎていると思うが、まあ無理できるうちに無理しておかなければ。今日の疲労のことなんて、一年後には特に思い出しもしないだろう。そう思って自分を励ますことにする。辛いと思うのは、今だけだ。過ぎてしまえば、ただのうつろな記憶になる。
 それにこの2、3年のうちに、やらなければいけないことがたくさんある。
 二度目の結婚、二度目の新婚旅行、子供を作ること。
がんばれるうちに、がんばっておいたほうがいい。

 帰ってくる途中で、キツネが僕の車の前にあらわれて、しばらく前を走っていた。早く脇にでもそれればいいと思うのだが、前方に逃げることしか思いつかなかったみたいだ。キツネのあとを、スピードを落としてそろそろと着いていった。
 それにしても、キツネの一生懸命走る姿というのはなんとなく心が和む。

 一年の締めくくりに、キツネは何を思うのだろうか?

人気blogランキング。よろしかったら、クリックをお願いします。



December 28, 2005

「細木数子さんと、男の浮気について」に対するひまわりさん、愛美さん、のコメントへのコメント

 2月25日に投稿した記事「細木数子さんと、男の浮気について」に頂いたコメントについて、それに対するコメントを、今日はメインの記事として投稿することにします。
 2月の記事を書いた時点と今とでは、僕も今日まで様々な事があり、自分を取り巻く状況や、僕自身の考え方も変わりました。

 書いた当時にはまったく考えてもみなかったことですが、5月に僕は妻以外の女性と真剣につきあうようになり、その月に妻と別居を始め、8月には正式に離婚しました。今はその女性と、婚約しています。
 細かい経緯は、別にここで書く必要もないと思うので書きませんが、僕は僕なりに、そうせざるをえなかった事情というのがあるし、それについてあれこれ他人に対して言い訳じみたことを言うつもりはありません。
 しかしながら、こういう場所でこういうことを書くのは、ささやかなカミングアウトではあります。
 なぜそんなことをするかといえば、これがごく私的なブログだからです。
 いずれにしても、僕自身の失敗なり誤りは、僕自身で受け止めるしかないし、抱えている問題は、僕自身で解決していくしかありません。

 二月から今日までの約十ヶ月、いろいろなすったもんだや混乱を経て、今は少し精神的に落ち着いて、これまでの経緯について自分なりに考えが整理できるようになりました。
 それまでは、頂いたコメントに返信する余裕もあまりなかったし、ブログもろくに更新できない時期が、結構長くありました。

 以下、「細木数子さんと、男の浮気について」に頂いたコメントに、返信したいと思います。

☆愛美さん

>> あー浮気って人によって見方違いマスよねぇ。。。
でも浮気をするとゆうことにどれだけ人を大事に自分がスルかってことも関わってきますよねぇ。。。
いい人?はしない?と思いますけど・・・
Posted by 愛美 at December 28, 2005 00:33

 はじめまして。コメントありがとうございました。
記事を書いた2月当初とは状況が変わり、僕は離婚し、今は別の女性と婚約しています。
浮気がいいかどうかという議論は別として、浮気そのものに対する僕の考え方もいろんな意味で2月の頃とは変わりました。

 結局僕の場合は、単なる浮気とは状況が異なってしまったので、「浮気」がいいとか悪いとか、ひとくくりに同じテーブルの上で話すことは出来ませんが、人を大事にするというのが本当にどういうことなのかは、その時の状況や事情、その相手との関係、自分自身や相手が抱えている問題、考え方、などによってケースが異なると思うので、一概にいい人は浮気をしないとか、悪い人だからするとか、そういう風には言えないと思います。

 僕が思うには、いい人でも、浮気はします。
 確かに浮気をしないいい人もいるかも知れないけど、浮気をする人にもいい人はいます。
 別に自分を正当化したいと思っているわけではないですが、「浮気をしない」ということが、「いい人」の必要十分条件ではないのではないでしょうか?

 ただそれはそれとして、僕としては、あんな経験一度でたくさんだ、と思っていますが。

☆ひまわりさん

>> 単なる浮気なら全然許せたのに、本気になって、離婚を言い渡された妻です。
帰らない場合は、別問題...とおっしゃられる話、ぜひ聞きたいです。
よろしくお願いします。悩んでます。
Posted by ひまわり at October 25, 2005 23:02
 
 ひまわりさん、ずいぶん返信が遅くなってしまい申し訳ありません。
 コメントを頂いた時点では、僕としてもまだ心境が複雑でうまく整理がついておらず、コメントをお返しすることができませんでした。
 深刻な内容のコメントでしたが、ひまわりさんとご主人、その後どうなったでしょうか?
 僕の場合、浮気ではなく本気になって、いろいろと悩んだ末に離婚しました。

 浮気が本気になってしまった時点で、その後どういう選択肢を取るか、どうするのがお互いにとって一番いいのか、自分自身の生き方の問題としてどうなのか、子供がいる場合はどうなのか、僕が言える立場でもないと思いますが、僕の場合は子供もいませんでしたし、最終的に、”離婚”という結論以外他に考えられませんでした。

 僕が妻以外の別の女性を本気で好きになってしまったことについては、別れた妻に対して悪いことをしたという気持ちはあります。
 「結婚」という、二人の人間の信頼関係から成り立つ一つの社会的契約において、「契約違反」をしたのは僕ですし、それについては弁解のしようのないことです。契約違反をしたことについてどのような形で償うか、それについても長い話し合いがもたれました。

 ただ、別の女性を本気で好きになる、またその上での離婚、ということには、実際にはその表面的な事象以上に、様々な要因がからみあっているはずだと思います。
 単純に別にいい人が現れ、本気になってしまったからといって、簡単にイコール離婚ということには、普通はならないと思います。
 そうなるまでには、それまでの結婚生活が実際お互いにとってどうだったか、そんへんの根本的な原因が潜んでいるのではないでしょうか。

 そのうえで、たとえその女性との不倫関係を解消したとしても、これから先何十年という人生を、共に夫婦としてやっていくことが本当に出来るのかどうか、それだけの愛情の基盤が二人の間にあるのかどうか、よく話し合うしかないですね。
 結婚生活とは確かに我慢の連続が当たり前なのかも知れませんが、愛情のない我慢は、不幸です。
 僕はそう思います。

 僕も自分なりにそういうことをいろいろと考え、悩んだ末に、離婚という決断をしました。

人気blogランキング。よろしかったら、クリックをお願いします。



December 27, 2005

映画『ダ・ヴィンチ・コード』 最新情報

『ダ・ヴィンチ・コード 愛蔵版』ですっかりダン・ブラウン氏にはまってしまった僕ですが、映画の最新情報を、以下にご紹介します。
(愛蔵版のレビューはこちら)

☆「ダ・ヴィンチ・コード」の60秒スペシャルCMが、元旦限定オンエアで以下の番組中に放映される模様です。

日本テレビ系列「行列のできる法律相談所」20:00〜20:30
TBS系列「スポーツNO.1決定戦」18:30〜23:24
フジテレビ系列「新春かくし芸大会」18:00〜21:24
テレビ東京系列「ビートたけしのエジプトミステリー検20:54〜23:20

☆映画は、2006年5月19日全米公開、5月20日日本公開です。

映画のキャスト及びスタッフは以下のとおり。
スタッフは、『ビューティフル・マインド』組が結集しています。

〈CAST〉
トム・ハンクス(ロバート・ラングドン)
オドレイ・トトゥ(ソフィー・ヌヴー)
イアン・マッケラン(リー・ティービング)
アルフレッド・モリーナ(アリンガローザ司教)
ジャン・レノ(ベズ・ファーシュ)

〈STAFF〉
監督:ロン・ハワード(『アポロ13』、『ビューティフル・マインド』)
脚本:アキヴァ・ゴールズマン(『ビューティフル・マインド』)
音楽:ジェームズ・ホーナー(『僕はラジオ』『タイタニック』)
原作:ダン・ブラウン(『ダ・ヴィンチ・コード』角川書店刊)

コロンビア映画提供
ソニーピクチャーズ エンタテイメント配給

人気blogランキング。よろしかったら、クリックをお願いします。


ダン・ブラウン氏の公式サイト

『ダ・ヴィンチ・コード』オフィシャルサイト


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■『ダ・ヴィンチ・コード』関連

ダ・ヴィンチ・コード ヴィジュアル愛蔵版

絵画とともに、謎を解く旅へ−

読んだ人にもこれから読む人にもうれしい、豪華愛蔵版!内容に登場する絵画や紋章、地図や写真など140点をふんだんに盛り込みました。小説の世界により深く接するための豪華カラー版。

4,725円(税込)

ダ・ヴィンチ・コードの謎(DVD)

サイモン・コックスによる世界的ベストセラー「ダ・ヴィンチ・コード」に記された“キリスト教の消された歴史”は真実なのか?レオナルド・ダ・ヴィンチの絵に隠されたさまざまな謎を、映像や解説で紐解くドキュメント。

3,500円(税込)

ダ・ヴィンチ・コードの謎を解く 世界的ベストセラーの知的冒険ガイド

『ダ・ヴィンチ・コード』で提示された謎を66のキーワードで読み解く。本書は、欧米の各書店で『ダ・ヴィンチ・コード』と併売され、ノンフィクション部門のベストセラーとなっている一冊。

1,470円(税込)


ダ・ヴィンチ・コードの「真実」―本格的解読書決定版

ダ・ヴィンチはなぜ暗号を使ったのか?マグダラのマリアは一体何者なのか?秘密結社は何を行ってきたのか?そして聖杯とは…?謎が謎を呼ぶ『ダ・ヴィンチ・コード』の世界。「真実」か「虚構」か?時代を超えた「最大級のミステリー」に挑む!!

1,680円(税込)

ダ・ヴィンチの暗号を解読する―図説ダ・ヴィンチ・コード



1,470円(税込)



December 25, 2005

2005 Christmas

01グリーンオックス12月23日の夜、一日早いクリスマス・イブを彼女と二人で祝った。
今年は、自宅から電車で30分のところにあるステーキハウス「グリーンオックス」へ。普段はわざわざ電車で飲みに出かけたりしないのだが、電車なら二人とも好きなだけ飲めるし、たまにはそういうゆったりとしたディナーもいいものだ。

02グリーンオックス 「グリーンオックス」は、ここ最近、毎年クリスマスには「クリスマス・ディナー」というメニューを出していて、メインは”さし”のしっかり入ったサーロイン・ステーキ。前菜、二皿目の料理、メインディッシュと来て、最後に焼きアイスのデザートとコーヒーが出る。ステーキと焼きアイスは、目の前の鉄板で焼いてくれる。

03グリーンオックス 店は盛況で、ほとんどカップルでいっぱいだった。中には子供づれの家族もいた。
 値段は二人合わせて二万円ちょっと。
 しょっちゅう来られる金額ではないが、前菜もステーキもとても美味いし、一年に一度ぐらいは、こういうところでゆっくりと酒と料理を愉しみ、何かを祝うというのもいいものだ。

04グリーンオックス05グリーンオックス 






 昨日、24日は、自宅で質素にキムチ鍋でクリスマス・イブを祝い、ケーキを食べた。ケーキについていたヒイラギの飾りを、マキの首07グリーンオックスにつけてみた。
08グリーンオックス






マキ-2005cristmas02マキ-2005cristmas

人気blogランキング。よろしかったら、クリックをお願いします。



 管理人・ヒデのホームページ

 



December 19, 2005

結婚を申し込む

NOTE01

 15日の夜、新車日産NOTEをディーラーまで取りに行き、そのNOTEで、17日の土曜は彼女の実家へ。
 結婚のあいさつのためだ。
 彼女の実家のある茨城まで、約六時間半かかった。

 僕にとっては二度目の結婚だし、何をどう話そうかといろいろ緊張したけれど、良い人たちで、最終的にはNOTE03快く受け入れてくれた。
 本当にほっとした。
 この一年いろいろとあったけれど、これから先も、がんばろうと思う。
 
彼女の家の入口には夏みかんの木があって、大きな夏みかんがたくさんなっていた。

夏みかんの木人気blogランキング。よろしかったら、クリックをお願いします。






 管理人・ヒデのホームページ

 
 



December 15, 2005

ふたごの卵

 今朝の朝食の目玉焼き。(画像をクリックすると拡大されます)
 前にふたごの卵を見たのなんて、いったいいつのことだろう?
ふたごの卵なんだか珍しかったので、写真に撮ってみた。

 考えてみると、双子というのは本当に不思議なものですね。恋愛の初期の段階において、好きで好きで仕方ない、もっともワクワクしてエキサイティングな、甘く幸福な時期に(それがたとえ片想いであっても)、同じ顔とスタイルを持った女の子がもう一人いるというのは、どのような葛藤を人にもたらすものなのだろう?
 そしていずれ双子の片方と結婚し、その双子の姉妹がすぐそばをちょろちょろとしているとしたら、いったいどんな気分なんだろう?
 
 でもそういうときに、人は恋愛について深く考察するのかも知れませんね。
 オレがこんなに彼女を好きだと思っている、この気持ちは、本当に精神的な、、信頼のおける、唯一無二のものなのだろうか?彼女の存在というのは、オレが思うほど、特別なものなのだろうか?本当に彼女でなければならないのだろうか?どんな理由で?
 ただの肉欲の衝動と興奮が恋愛的感情にシェイクされて、一時的な精神的高揚感を自分自身で盛り上げているだけではないのか?同じ顔とスタイルのあの女の子を抱けちゃえば、それで結構満足できちゃうんじゃないか?

 とか。
 ちょっとそういう生々しい物語を、一度読んでみたい。
 一度でいいけど。

 でもそれはそれとして、僕としてはいつか、双子の娘を持ち、二人の間にはさまれて、片方ずつ腕を組んで、散歩をしてみたいです。

 朝ふたごの目玉焼きを見て、なんだかくだらないことを考えてしまった。

人気blogランキング。よろしかったら、クリックをお願いします。


 管理人・ヒデのホームページ



December 07, 2005

今朝のスナップ

December 05, 2005

熱が出る

この間の風邪が治っていなかったようで、午後から熱が出る。
油断して、土日にちょっと無理をしすぎたみたいだ。
仕事をしていても、頭がぼーっとして、自分でもなにがなんだかよくわからない。
忙しいのに、とても困る。

☆【サイト更新情報(快適−書斎Style)

無印良品・クリスマス特集UPしました。
その他にもいろいろ更新してます。
よかったらのぞいてやってください。

ブログとはちょっと別の一言日記はこちら。
http://workstyle.country-design.jp/00-5-07-1column-hitokoto-dialy.html


人気blogランキング。よろしかったら、クリックをお願いします。



December 04, 2005

引越+新車・日産NOTE契約

 付き合っている女の子が本格的に僕の家で暮らすことになったので、昨日はその引越。
 軽トラで運ぶので、とても一日では終わらないが、冷蔵庫やソファ、洗濯機など、大きなものは片付いた。
 テレビやチェスト、プリンタ、スキャナ、コンポ、などなど。
 軽トラさまさまである。

日産NOTE 午後は日産のディーラーへ行き、少し前から検討中だった「NOTE」を契約。色は黒。
 こまごまとしたオプションと、ナビと、アルミホイルつきスタッドレスタイヤをつけて、諸経費もろもろ全て含めて204万7,000円・・・のところを、ねばって183万までまけてもらう。217,000円の値引き。
 まあまあ、こんなものか。元が安いんだから。

 しかしNOTEって、この手のコンパクト・カーとしてはとても良くできていると思う。価格もとても割安感があるし、無段変速のエクストロニックCVTも運転していてとても軽快で気持ちがいい。
 僕が二十歳ぐらいの頃の1,500CCの車は、ずいぶん物足りなく感じたものだった。当時1,500CCの日産プレセアに乗りながら、圧倒的な力不足を感じ、「いつか絶対2,500CC以上の車に乗ってやろう」と強く思ったものである。
その二年後ぐらいに、念願の2,500CC、日産セフィーロを買った。
あれから10年。

 しかし最近の車は1,500でも必要十分という感じがする。
 実際にNOTEを試乗してみて、力不足もまったく感じないし、座席もトランクルームも十分広い。
 子供が小さいうちなら、ファミリーカーとしても十分すぎるぐらいである。
 カロッツェリアのナビと、リモコン・エンジンスターターと、スタッドレスタイヤと、それからキャンペーンということで、ディズニーランドのペア・チケットまでただでもらってこの価格。

 なんか日産の営業マンみたいですね。
 でもとにかく、日産NOTE、とても気に入ってます。

 そらから今日、僕は33歳になった。

人気blogランキング。よろしかったら、クリックをお願いします。