February 19, 2005

「オペラ座の怪人」(2)CDを買う。「Think of Me」

オペラCD03 ついに「オペラ座の怪人」のサウンドトラックを買った。
 今日は会社が休みだったので、パソコンに向かいながら、午後はずっとエンドレスで聞いていた。

 僕は何かのサントラ、あるいは誰かのCDをたまに買っても、「確かに聞きたかったけど、まあ買うほどのことはなかったんじゃないか」という思いをすることがわりと多いのだが、これは本当に、買って良かったと思う。

 ジャーン、ジャジャジャジャジャーン、というあのパイプオルガンで始まる前奏、そして途中からドラムの音が鳴り響くと、映画を見た時の感動がまざまざとよみがえってきた。
 シャンデリアがオペラ座に落ち、すでに風化した過去の事物が次々と鮮やかな色を持つ瞬間。
 曲に合わせて歌詞カードを目で追っていくと、なんだかもう一度映画を見ているような感じで、印象深いシーンが次々と目に浮かんでくる。
 映画を見たときには、ついさらっと聞き流してしまったところ、あるいはついていけなかったところなんかも、「ああ、こんなことを言ってたのか」という感じで、あらためて感動できた。

 特に「ポイント・オブ・ノーリターン」なんかは、鳥肌が立って一瞬寒気がするぐらいだった。そのぐらい、この恋は強烈で、激しくて、ある意味恐ろしい。歌詞を読めば読むほど、恐ろしい。
 そこには相手を殺しかねないぐらいの切羽詰った熱情、真剣さがある。
 恋愛において、これほどまでに相手を求めるというのは、なかなかあるものではない。

オペラCD02 その迫力は、見る者の心に直接、鋭く切り込んでくる力があって、こっちまで危うく心のバランスを崩しそうなほど、ドキドキさせられる。
 そして映画を見たときに感じたクリスティーヌの圧倒的なまでの妖艶さ、その危ういまでの色気、官能性の意味が、僕は少しだけわかったような気がした。
 あれはクリスティーヌが、生まれて初めて、全身全霊を込めて一人の男を愛した瞬間であり、そこにあるのは、いいも悪いもなく、捨て身とも言えるほどの激しい恋の狂気である。
 今まで少女でしかなかったクリスティーヌの、”女”への豹変ぶり。

 気の毒だが、それはラウルには示されなかった。
 それはファントムに対してのみ向けられた愛であり、おそらくその後も、二度とクリスティーヌが抱くことのなかった種類の感情なのではないだろうか?
 だからこそ、老いたラウルはああして、オペラ座の廃墟を見つめ続けなくてはならなかった。


 この「オペラ座・・・」の中で僕がもっとも好きかも知れない曲、
 「Think of me」の歌詞を、ここで少しご紹介します。
 劇団のスター、カルロッタが役を降りると言った時、はじめてクリスティーヌが歌う曲。
 映画を見たときにも思ったんだけど、本当に美しくも哀しい、いい曲ですね。
 「私を忘れないで」というただそれだけのなんでもない言葉が、何よりも切なく、哀惜の情と共に胸にせまることがある。そういう曲です。
 かつて純粋だった自分、その当時の恋人や、想い、失ったもの、自分は若かったんだということ、そういうもろもろが、曲を聴いていると、つい連想され、溢れてきます。
 実際にお聞かせできないのがとても残念ですが。

  「Think of me」

  私を思い出して
  さようならを言った日の 私をやさしく思い出して
  時々でいいから 思い出してほしいの
  お願い そうすると約束して

  いつか あなたがもう一度 心を取り戻して
  自由への憧れに気づいたら
  もしも そんなときがあったなら
  私のことを想ってほしい

  私たちは一度も口にしなかったわね
  私たちの愛が枯れることもなく
  海のように変わらないものだとは
  でも 今でも覚えていてくれるなら
  立ち止まって 私のことを想ってほしい

  二人で分かち合ったもの
  一緒に見たものを 思い出して
  悔やんだりしないで ああすればよかったなどと・・・


 機会があったら、ぜひ一度じっくりと聞いてみて下さい。

 それと、ファントムの歌声って、本当に深みと味のある、素敵な声ですね。
なんだかわからないけれど、男でも惚れ惚れしてしまうような、ぐっとくるものがあります。

人気blogランキング。よろしかったら、クリックをお願いします。


ヒデのホームページ「快適書斎スタイル」もよろしく。

オペラCD01
おすすめ
 「オペラ座の怪人」オリジナル・サウンドトラック



トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ★★「オペラ座の怪人」観てきました★★  [ ★★かずくんままのマネー&育児日記+α(モブログチャレンジ中)★★ ]   February 19, 2005 21:38
昨日、2本目に観た「オペラ座の怪人」の感想です! タイトル通りミュージカル「オペラの怪人」の完全映画化です。 10年前にニューヨークでミュージカルは観にいきました。 とはいっても親に連れて行かれたので寝ちゃったんですよねぇ 目が覚めたときには「オペラ座の怪
2. 「オペラ座の怪人」  [ ひらりん的映画ブログ ]   February 20, 2005 02:02
「映画の日」2本目。 テーマ音楽は文字にすると、 「ジャーーーン、ジャジャジャジャ・ジャーーーン・・・・」でしょうか。 先週1/29に公開したばかり。 6:30の回で450名くらいのスクリーンで7割くらいの入り。 隣に座った客がマクドナルド買ってきやがってて、アブラ
3. なぜか共感してしまう、闇に棲む男の情熱的な愛  [ 人生はお伽話もしくは映画のよう ]   February 20, 2005 12:00
「オペラ座の怪人」 無垢で何も知らない少女を教え、導き、成長させ、さらには自分だけへの愛も誓わせる。昔から小説や映画のテーマに良くなる題材ですね。なんせ「源氏物
4. 『オペラ座の怪人』サントラの歌詞  [ 鍼灸師のツボ日記 ブログ ]   February 26, 2005 21:13
『オペラ座の怪人』の歌詞が知りたい方は必読! (それ以外の方はあまり関係ありません。) ついに買いました、オペラ座の怪人のサウンドトラック! The Phantom of the Opera (Original Motion Picture Soundtrack) (Special Extended Edition Package) 仕事が終わっ
5. 『オペラ座の怪人』  [ Kenji's cafe ]   February 28, 2005 18:28
先日、六本木ヒルズで映画『オペラ座の怪人』を鑑賞しました! 感想ですが、最初から感動!あまり言うとネタバレになってしまいますが(と言ってもそんな隠す事もありませんが(^^;)、冒頭のオークションのシーンでシャンデリアに掛かった布をバッと取るシーンと音楽にもう
6. オペラ座の怪人 Think of me は誰に?  [ 風のうわさ ]   March 13, 2005 19:35
私を忘れないでね、と、クリスティーヌが歌う 美しいアリア。 ただの劇中歌だといえば それまでだけど、ここでは、ラウルに向けて歌っていると思いたい。 想いをこめた \" Remember me \" に、\"I remember \" と優しく答えるラウル。 幼なじみの王子
7. オペラ座の怪人  [ ミュージックファクトリーの活動日記 ]   July 24, 2005 17:53
こんばんわ、maiです。 今日は引き続き、この映画についてご紹介したいと思います↓ オペラ座の怪人 主演:ジェラルド・バトラー 出演:エミー・ロッサム 監督:ジョエル・シュマッカ〓 じゃん、今日は、このオペラ座の怪人をご紹介したいと思います

この記事へのコメント

1. Posted by 美緒   October 16, 2005 18:38
 私ゎ、オペラ座の怪人をLondonで見たのを
きっかけにはまってしまぃました!www
Think of me は大好きな曲です!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔