February 03, 2005

全世界モスバーガー化計画

 昨日今日と、二日続けて丸一日研修だった。
 昨日は宅建の研修。今日は損保ジャパンの研修である。

 去年の秋に、今まで保険業務を扱っていた男の子が急に会社をやめてしまい、そのあとを僕が引き継いでいるのである。
 昨日の研修は半分ぐらいは寝ていられたからたいしたことはなかったのだが、今日はそうはいかなかった。
 自動車保険やら、火災保険やら、傷害保険やら、医療保険やらを、代理店として扱うための一応正式な資格試験が今月の中旬にあって、今日はその事前講習だったのだ。しかし問題は、そんなことではない。
 朝会場に行ってみると、僕以外は誰もいない。
 やがて二十代後半ぐらいのわりにきれいなお姉さんがやってきて、「じゃあ始めますか」と言う。
 唖然として「まさか僕一人なんですか?」と聞くと、「ええそうなんです。もう二人来るはずだったんですが、急に予定が変わってしまって」ということである。

 結局夕方の五時まで、まったくの個人授業だった。
 こんなに長時間集中して勉強させられたのは、そしてこんなに頭がフラフラになるまで勉強したのは、中学生以来かも知れない。
 しかし冗談ではなく、本当に疲れた。仕事で十時まで残業したって、こんなには疲れないのに。
 一日というのは、短いようでとても長いものである。
 
 ところで昼食は、近くのモスバーガーに行った。
 スパイシーモスバーガー、モスチキン、ポテトのS、アイスコーヒーのS。
 モスバーガーを食べていると、やっぱりモスはうまいなあと思うのと同時に、マクドナルドってなんてまずいんだろう、といつもしみじみ思ってしまう。
 なんであんなにまずいハンバーガー屋が、日本中、世界中、いたるところにあるんだろうか?
 マクドナルドが好きな人は、もしこれを読んでもどうか怒らないで下さい。だってこれは僕の勝手な感想なんだし、勝手な意見や感想を誰にもなんの気兼ねもなく書くという、これはただそれだけのためのサイトなんだから。
 
 そういうわけで、モスバーガーをおいしく食べながら、
「そうだ、マクドナルドなんかいらないから、そのかわり今マクドナルドの店があるところは全部モスバーガーになっちゃえばいいんだ」
 と、僕は考えていた。
 
 全世界、モスバーガー化計画。
 
 それが実現したら、僕としてはかなり胸がすーっとするんだがなあ。
 くだらないこと考えてるな、というのは自分でもよくわかっているのだが。
 まあ、とりあえず。

 しかし今さらだけれど、クオリティの高いものが必ずしも売れる、トップになるというわけではないということだけは、やはり世の常のようだ。
 あまり明るい見解ではないけれど、これはどんなことについても言えると思う。
 歌手にしろ、俳優にしろ、作家にしろ、企業にしろ、職人にしろ。
 問題は、世の中の大勢が求めているものを、いかに敏感にキャッチして、効率よく、タイムリーに提供できるかということなのだ。
 目の前の仕事を美しくていねいに、自分が本当に満足いく形で追求するということとは別の才能や、戦略が必要になってくる。
 だから、あまり最初からそういうものを目指さない、無理に背伸びしすぎない、ということは、一つの見識ではあるかも知れない。儲かるものが、もっとも優れているとは限らないし、金をたくさん稼げる人が、人間的にもっとも優れているとは限らない。
 もちろん、良いものは最終的にはきちんと世間から認められるだろうし、悪いものなら、遠からず世間から淘汰されていくだろう。
 しかしそれで巨万の富を築けるかどうかというのはまた別の話で、運もあるし、商才が必要である。
 結局、どのあたりで折り合いをつけるかということが、何事も大事なのだろうけれど。
 
 それにしても、モスバーガーの”ハバネロフォカッチャ”だけはちょっといただけない。
 この間うちの嫁さんが物珍しさに注文して、僕も少し食べさせてもらったのだが、あまりにも辛すぎて、うまいとかまずいとか、そういうレベルの話ではなかった。
 僕よりはるかに辛いもの好きの嫁さんも、さすがに閉口していた。
 たった一口味見しただけで、しばらく口が痛くてヒリヒリした。
 もし好きな人がいるとしたら、あれほどの辛さを求める味覚というのがいったいどういうものなのか、僕には本当に、見当もつかない。

人気blogランキング。よろしかったら、クリックをお願いします。


ヒデのホームページ「快適書斎スタイル」もよろしく。


jailz at 19:55│Comments(4)TrackBack(2)その他 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 昨日は  [ 日向と日陰 ]   March 13, 2005 01:49
モスの日でした、アパートの契約して帰りに立ち寄ったモスでミニヒマワリをもらいました。 ミニ向日葵の種、小鉢(ココヤシ繊維製)、培養土、ネームタグでした。 新しいアパート行ったら早速育ててみようと思います。枯れてしまったらm(._.)m ごめんよ。 ブログで向日葵日記を
2. 日替ランチ152  [ ★★★劇団★セブン★★★ Crazy Daily Blog ]   November 03, 2005 15:22
国分直行です。 今朝、車を走らせながら、モスバーガーを探しました。 今日の朝食の気分がモスバーガーだったから。 僕はモスバーガーに行くと、やはり定番のモスバーガーを注文したくなります。 アツアツのソースに冷たいトマトという組み合わせは、 作りたてで提供...

この記事へのコメント

1. Posted by 柴ヒポ(笑)   February 05, 2005 00:21
早速書き込みです(笑)
モス美味しいですよね〜。でも、私的には“フレッシュネスバーガー”のほうがおススメ。値段はちょっと高いし、サイズもちいさめだし…。でも、美味しいんですよ〜。あたしはまだ東京でしか見たことないんですけど、他県にもあるんでしょーか?
2. Posted by ヒデちゃん   February 05, 2005 13:11
さっそく書き込みありがとう。
フレッシュネスバーガーね。
僕は食べたことないけど、今度また6月に東京へ「アルジャーノン」を見に行く予定なので、そのときに是非食べてみたいと思います。
いったいどこのハンバーガー・チェーンが日本一うまいのか、コスト対品質のバランスはどうなのか、そういうのを夏の一研究にしても面白いよね。

 そういえば、今度の「アルジャーノン」は、服部幸子さんがアリス・キニアンをやるらしいよ。
3. Posted by 本当の真犯人   February 10, 2005 20:11
かなり遅いですが書き込みします
今まで食べた中でももっとも辛い物は
就職間もない頃当時、隣の村のパチンコ屋さんの脇にしょうちゃんて喫茶店があってそこで食べた、激シリーズ甘い辛い等…独りで完食すればアイスと写真とコメントを店のアルバムに書けるって言うのがあった。

その時はヒデちゃんといったのだが、激辛ピザを注文して一口でダウンしたヒデちゃん、こっちは残りを完食した。
しかし食べたのは良いが、その後一時的に舌の麻痺(熱い・辛い)帰りにコンビニに寄ってアイスを買って食べたけど効果なく二時間くらいどうしょうもなかったことを覚えている。翌日も大変だった、香辛料の塊が…食事中の方すいませんでした。
その事を思うとハバネロ系の激辛は可愛いものだと思う。

ポイントは、辛い物を好んで食べる心理とは限界へのチャレンジ精神で。自分がどれだけ辛い物を食べたのか挑戦し自慢したいだけなのかもしれない。

ただここ数年辛い物から遠ざかっているので、こないだ食べたモスのスパイシードックは辛かった気がする。食べた後失敗したかなって後悔してることが多くなってきたので最近は辛いものへの挑戦は体の事も翌日の事(皆さんの想像にお任せします)もあるので控えるようにしている。

4. Posted by ヒデちゃん   February 10, 2005 22:02
ものすごく古いことをよく覚えてるねー。
そういわれてみれば、そんなこともあったね。
でも「しょうちゃん」は場所が変わっただけで、まだ激辛メニューも記念写真も健在だよ。食べようと思ったことは一度もないけど。
 そういえば五、六年前に、バネッサが食ってたな。ああ、バネッサというのは僕のC型肝炎の妹のことで・・・。
 いや、C型肝炎といってもたいしたことないからご心配なく。
 どうってことないようですから。

 限界へのチャレンジですか。僕にはまったくその気持ちはわかりませんね。他のことならともかく、こと食べ物については。
 なんでわざわざそんな無理してまで辛いものが食いたいのか?
 それをうまいと思うかどうかは人それぞれなのでいいんですが、無理は良くないです。
 僕はせいぜいピリ辛ぐらいが好きですね。
 大人の”わびさび”がしみじみと感じられる程度の。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔